歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう

占い

東洋占星術

注目が高まっている九星気学ですが、これは東洋占星術というものに分類されています。九星気学は惑星の名称が付けられているものの、実は駅の八卦によって由来されており実は別物です。種類としては一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星になります。星の要素が一切入っていないというわけではありませんが、それに依存して作られている占いではなく気を中心とした占いであることがわかります。
上記に記した種類には凶方位というものが存在しています。1つは五黄殺というもので五黄土星が運行している方位のことです。ここは大凶ともいわれている程に悪い場所であり、移転や引っ越しでは避けることが望まれています。
他にも本命殺というものがありますが、これはその人の星が行き来している方向です。自分の星が通っている場所に家を立てたりすることはやめて下さい。
話題の九星気学には風水的な要素も含まれています。風水的にアウトな配置に家を購入し、家具を設置するとよくありません。また、九星気学は室内ばかりではなく土地などにも関係しています。
あまり良くない土地や場所は凶相といわれています。敷地内に欠けた部分がある、門を入って正面にすぐ玄関があることもよくありません。
玄関からまっすぐ突き当りに勝手口や裏口が用意されているのも好ましくないのです。トイレが真上、正面、隣にあるのもNGとなっています。
基本的に水場はあまり良くないものが集まる場所となっていますから、家の中心や玄関の傍にはおかないことが懸命です。九星気学だけではなく風水でも同様です。

Copyright© 2015 歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう All Rights Reserved.