歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう

占い

種類

九星気学をはじめとして占いには様々な種類があります。今現在日本で利用されている占いはザックリとわけて3つに分類できるようになっています。
まず命といわれている占いですが、これは運勢や宿命を占うために利用するものであり、紹介している九星気学もこの命というジャンルに分けられます。この種類の占いは生年月日や時間に生まれた環境などをプラスすることで占いの材料にします。つまりは人間が生まれた瞬間に与えられる数字などを頼りにして行う占いだということです。他の占いはその場所や本人の運勢や偶然にかけた占いも多いですが、九星気学をはじめとする命にあたる占いはそうではありません。
九星気学以外ならば四柱推命や星座占いもこれにあたりますし、動物占いも実は命に入ります。動物占いというのは四柱推命を非常に簡単で必要最低限の所にまでまとめているものであり、元になった占いがあるわけなのです。テレビで良く見かける星座占いも西洋占星術を元にしているものなのです。
九星気学は星座に干支に五行という様々な要素を組み合わせて行う占いであり、どんなものよりも豊富な知識がなければできない占いです。
次に卜といわれている占いですが、これはそのときに起こった問題を元にして占いを行います。恋占いなどに利用されるのはこの卜にあたる占いがほとんどであり、九星気学などでは今起こっている事件への占いには適していません。
卜にあたる占いは花占い、水晶、ダウジング、おみくじ、タロット占いなどがあります。これが1番手軽で身近な占いだと考えられています。
最後に相にあたる占いですが、これは目に見えるものを材料にしている占いであり、姓名判断、手相、人相、風水などがこれにあたると考えられています。

Copyright© 2015 歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう All Rights Reserved.