歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう

占い

サイクル

九星気学には気や運勢に流れがあるといわれており、だいたい9年単位でそれが回っているといわれています。最初のサイクルでは運勢が停滞している時期であり、この間には思ったようにことがすすまずもやもやしてしまうこともあります。しかし、1週目はまだまだ我慢の段階です。九星気学を利用すれば自分の運勢が今いったいどの当たりを通っているのか分かるようになります。
次に2つめの段階ですが、ここでは1周目に努力したぶんだけ報われてくるようになります。何か新しいことをなすには最高の時期です。仕事などが起動にのれば第3週目の流れに乗って下さい。3週目は恋愛成就にピッタリの年だといわれています。4年目には何かを変化させる時期となっていますから、恋人、結婚、もしくは離婚というように自分の人生において大きなターニングポイントがやってくる可能性が高いです。
この段階を乗り越えれば、九星気学では幸運期にはいるようになります。なにをやっても順調に進むようになりやすいですから、自身があるならばどんどんと新しいことややりたいことをこなして下さい。しかし、ここを超えれば九星気学では下がり傾向となってしまいます。不幸ではありませんが以前のように幸運ばかりが連続することはありません。ここで我慢し努力すれば更に大きな成功へと繋げられるチャンスになります。
サイクル7まで進めば充電期間のようになります。ここではひたすら勉強や努力につとめ、次の進化に向けて力を貯めこんで下さい。8年目にうつれば物事がだんだんと変化しチャンスを掴めるようになってきます。9サイクルまで到達すれば絶好調と幸運にめぐまれる時期となります。九星気学ではここで全てを発散して勉強なり仕事なりに投資するのが最適だと考えられています。
自分の運勢が今どうなっているのか九星気学の占い師に尋ねることで確認することが可能です。

Copyright© 2015 歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう All Rights Reserved.