歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう

占い

基礎知識

九星気学には様々なルールや決まりごとがありますが、その1つが方位です。これは方角によって様々な意味や役割が存在しているという考え方です。上手く利用すれば幸運に近づけますが、NGにあたるものもありますからよく考えて調べた上で使うようにして下さい。
まず、北ですがここには失恋や秘密というような意味があります。日本でも北枕は死人を指している場所といわれているようにあまり良いイメージがありません。それは九星気学でも同じようなものなのですが、中には妊娠という意味もありますから使い方次第の方角というわけです。北東は親子や相続、変化を指した場所であり、耳や鼻というような人間の体を象徴した場所でもあります。
東は長男や若者を意味する場所であり、喉や肝臓という体の部分も対象としています。東南は長女や結婚を示す場所であり、信頼という意味もあります。場所によって良い悪いはたくさんありますが、あまり良くない意味ばかりが集まっている場所もあります。それが中央です。
中央には帝王という独裁的な意味を持った言葉が割り当てられるようになっており、他には腐食、腐敗、病気や売れ残りを指した言葉が並びます。
これらを参考にしつつ九星気学を利用したり、家を決めたりします。
あまり良くない場所にどうしても動かせないものが存在している場合には、鬼門対策を行うことも九星気学では有効だとされています。
地球を流れる大気を利用することにより、今の生活や環境を向上させることもできるというのが九星気学の教えです。

Copyright© 2015 歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう All Rights Reserved.