歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう

占い

経緯

占いというものを始めて利用したのはユダヤ人だと考えられています。当時の民族は空に見える星の流れを読むことによって、様々なものを知り理解していたといわれています。ユダヤで誕生した星占いの原型はヨーロッパやインドへと伝わることになります。ヨーロッパで星占いの原型に関する研究を続けた結果ホロスコープという1つの占いとして完成させます。
インドへ渡った占いはやがて中国へ伝わり、中国では四柱推命が誕生することになります。中国へ伝来した占いはすぐソバにある日本に伝わることになります。日本にやってきた占いは世界中で完成していた占いの方法や要素、要義を取り込むことで独自に進化をし、九星気学へと発展していきました。
現在利用されている占いは海外からやってきたものが殆どなのですが、この九星気学は日本で開発された占い方法だったのです。
この九星気学は生年月日、星座、干支、五行と全て情報を統合して利用されるようになっています。明治42年に園田真次郎という人物が気学をまとめあげたことにより、九星占いはただの九星から九星気学へと進化することになったのです。
最近ではネットや携帯電話にテレビなどが普及したことにより、九星気学のように1つ1つを丁寧に行う占いよりも、人類をザックリと分類することで占いをするようになりました。星占いや血液型占いなどがそれにあたります。影響力が大きいわけではありませんが、ちょっとした生活のヒントやモチベーションを左右する要素として利用している人が多いです。

Copyright© 2015 歴史ある九星気学について知り、生活へのヒントにしよう All Rights Reserved.